大量に「それ」が刺さっていた

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

もう20年程前の自分の話。

クソ暑かったのを覚えてるので7~8月のことだったと思う。

私はパジャマというものを着て寝る習慣がなく、いつもハーフパンツにTシャツ。
その日もいつもの格好で起床して、夏休みだったのでダラダラとベッドで漫画読んでた。

しばらくして友達と昼から出かける用事があったのでハーフパンツとTシャツをベッドの上に脱ぎ捨てて着替え、出かけた。

数時間遊んで帰宅。
自室に戻り急いでクーラーをつけ、再びハーフパンツとTシャツに着替え、漫画を読もうとベッドに寝転んだ。

汗をかいたからか体がかゆい。

漫画を読みながらボリボリ胸のあたりをかきむった。が、すぐに違和感に気付く。
チクチクするのだ。

おっかしいなあ、なんて胸のあたりを見下ろした。
鮮やかな青のTシャツ。
あれ?

異変を感じてTシャツを脱いだ。

目の前でTシャツを広げると、5センチくらいの長さの真っ黒な太い髪が、胸まわりに集中して刺さってた。
けっこう大量に。

よく見ると一本一本きちんとTシャツの布に刺さってる。
付着してるんじゃなくて、刺さってんの。

私はその当時金髪に近いような頭で、間違いなく自分の髪じゃない。
が、家族の誰の髪でもない。

母はセミロングの茶髪、父はうすらハゲで残念なくらい細い髪、兄は黒髪超ロング、遺伝で同じく細い髪。

なんか、ぞっとした。

ベッドの上に視線落として気付いたけど、ベッドには一本もその髪落ちてないの。

仮にさ、家族の誰かが私の部屋でわざわざ私のTシャツ着て髪切ったとしても、普通Tシャツに刺さらないよね?

怖くなってまだ出かけた。
友達にあったこと話したら見たいっていうからそのTシャツ見せた。

めっさ怖がってた。
だから私の見間違いじゃない。

今でもこれが何だったのか、謎のままです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!