あれは絶対にヤマノケだった

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

「死ぬほど洒落にならない怖い話」スレで前にあった「ヤマノケ」なんだけど先日ニアミス(?)した。

年末、古くからの友人4人(全員女)で山形の東根の温泉旅館に忘年会をかねて泊まった。

お酒も入ってみんな日ごろのうっぷんを一通り話し、2時ごろに就寝。
部屋は12畳ほどの和室で、畳に布団をのべてあった。

3つの布団を5畳に並べ、後の1つの布団は机の脇に敷いていたので、たとえ並べられた3つの布団の真ん中であっても両脇の布団とは30センチは離れており、多少寝相が悪くても大丈夫という状態。

逆に言えば、隣に何か起こっても手を伸ばしたくらいでは届かない距離。
私は3つ並んだ布団の真ん中に寝た。

しばらく眠ってふと目が覚めた。
時間はわからないが、4時近いのかなと感覚的に思った。

さっと寝たまま周囲を見回すと、みんな寝静まっている。中庭に面した窓の障子から少し明かりが透けて見えた。

外灯なのか朝日で明るくなりつつあるのかわからなかった。
とにかくまだ真っ暗と言っても差し支えない暗さだったので、無理にでも寝ることにして目を閉じた。

と、頭の上、枕の自分から左側から「トントン」と音と振動があった。

誰かが指先か何かで枕の端を叩いた、と感じた。しかし左側で寝ている友人は明らかに寝ている。

寝返りをうったくらいでは、手は枕に届かないのだ。
そして友人はすっぽり布団にくるまっているので、その状態から枕を叩くのであれば、まず布団から出る音が聞こえなくてはいけない。

一瞬目を開けようかと思ったが、もし何かいても友人をすぐには起こせないので、「ああ、気にしないで寝よう」と思って無理に目を閉じたままにした。

すると、今度はその、自分の枕の真上の方に何かが立っている気配がする。
それはもう強烈な気配で、しかも閉じたまぶたにその映像が見える。

最初、からかさおばけ?と思った。

足が一本しかないのがわかる。大きな目がこちらを見下ろしているのもわかる。

でも、得体の知れなさと、「目を開けて見てしまったら取り返しがつかなくなるだろう」という変な確信が沸いてきて「そんなものはここにはいません」と一心に思って強引に寝た。

先日、一本だたらという妖怪の伝承で、12月20日に現れるといい、それがどうも山形と宮城の途中で目撃された「ヤマノケ」と酷似しているという記事を読んで、山形で出会った一本だたら、ヤマノケだったのかなと思ってぞっとしたので書いてみました。

ちなみに、「一本足で目が一つのばけもの」というのは、笹谷峠で出没するという怖い話が昔からありました。

ただ、自分の脳裏に浮かんだものについては、その時はぜんぜんその笹谷のおばけと同じだとは思いつかず、ヤマノケの話もかなり前に聞いていましたがピンと来ず、今回一本だたらとヤマノケの類似を扱った記事をたまたま読んで「この外見は」と思い当たった次第です。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!