同窓会への誘い

ある日、星野という人の家に手紙が届きました。
その手紙は中学の同級生の村瀬という人物からの同窓会への誘いでした。
懐かしいな~、あのイジメられっ子だった村瀬か。

そういえばアイツ卒業式の日もタイムカプセルに閉じ込められて泣いてたっけ。
卒業式から20年たち、すでに中年といえる年になった星野は若かった頃の思い出がふつふつと込みあげてきます。
そして、この同窓会に行くことを決意しました。

そして当日、居酒屋には12人が集まりました。
まあ仕事もあるし家庭もあるのだから、全員集まらないのはしかたない。
のですが、同窓会に来るはずの村瀬は来ませんでした。
そしてすっかり酔いも回った頃「忙しく、飲み会には参加できないのでタイムカプセルを置いた防災シェルターで待っています」というメールが星野のケータイに入りました。

タイムカプセルの事を思い出した面々はさっそく車を走らせ、20年前通った中学校の校庭の一角にある防災シェルターを目指しました。
酔った勢いで20年間使われる事の無かったシェルターのカギを壊し、中に入ると変な匂いが漂っているのが感じられました。
匂いの元とタイムカプセルはわけなく見つかりました。

タイムカプセルのそばにフロパンガスの缶が青白い顔をした少年とともに転がっていたからです。
その少年を見た瞬間、一同は凍りつきました。
20年前と全く変わらない村瀬の姿がそこにあったからです。
そして次の瞬間、少年は手にもっていたライターをつけました。

後日談。

昨夜、●●中学校で起きた事件について続報がはいりましたこの事件は検死の結果、死後約20年程が経過している事と現場で発見された証拠により少なくとも1名がガスを吸引し自殺した事がわかっていますが、残り12人については詳しい死因はわかっていません。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!