保健室での恐怖体験

保健室のベッドで寝るのは初めてだった。
こんなに熱が出たのも初めてだ。
風邪を引いてるからだけじゃない。
隣には◯木さんがいた。
病弱なのは聞いてたけど、こんなところで会うなんて夢にも思わなかった。
二人とも熱でだるかったけど、ただ横になってるなんてつまらなかったから、色んな話をした。

こんな隣同士のベッドで寝てるなんて、結婚したみたいだ。
なんて考えて、ボクはどきどきしていた。
◯木さんは寝ちゃったけど、ボクはとても眠れやしなかった。

「先生ね、ちょっと、行かなくちゃいけないんだけど、楽にしててね」

誰かが呼びにきて、先生はどこかへ行った。
突然二人きりにされて、ボクはますます眠れなくなってきた。
ちらちらと、◯木さんを盗み見ていると、カーテンの向こうで声がした。

「・・・に・・・い・・・だろ」よく聞こえないけど、知ってる声みたいだ。
ボクは△ちゃんだったらまずいと思って、薄目を開けて、寝たふりをした。
△ちゃんが◯木さんを好きなのはみんな知ってる。

こんなところを見られたら、後でなんて言われるか判らない。

「・・こ・・・る・・」なにかつぶやきながら、声が近づいてくる。

「だ・・か・・こに・・るだろ」カーテンは開いた音はしないのに、いつの間にか声はすぐそばにまで来てる。

薄目を開けてるのに、誰も見えない。

「・・こ・・・よ」嘘寝がばれるから、絶対に動いちゃいけないと思って、ボクは目を閉じた。
今は、もう、すぐそばで声がしていた。

「だれかそこにいるだろ」絶対におかしかった。
絶対。
足音もしないし、誰も見えないのに。

「だれかそこにいるだろ」
「・・こ・・・るよ」声はボクの周りをうろうろしていた。

頑張って薄目で見てみたら、カーテンは人影で囲まれている。

「だれかそこにいるだろ」見つかっちゃだめだ!!
そう思ったけど、突然◯木さんのことが頭に浮かんできた。

そうだ、◯木さん!
◯木さんは大丈夫!?
ボクは寝返りのふりで、◯木さんの方を薄目で見た。

◯木さんは飛び上がって、ギィッ、と、目を見開き、ボクを指差して、信じられないような低い声で言った。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!