すり抜ける女の話

仕事帰り駅から出ると雨が降っていました。
コンビニで傘を買おうかとも思ったのですが、走れば10分くらいで家に着くので走って帰ることにしました。

少し狭い歩道を走っていると前方から白いワンピースを着た女性が歩いてくるのが見えました。
で、このままだとぶつかるな、と思ったので端によけたんです。
しかし、女性も同じ方向に避け始めたので、イラつきつつも逆側に避けました。
すると、女性も更に同じ方向に向かってきました。

もうこのまま走ってるとぶつかる!と思ったので女性をやり過ごそうと考え一旦止まった時。
急に女性の歩きかたが、千鳥足のようにフラフラし始めました。
しかも俺が止まっているにも関わらず、俺の方に向かってくるのです。

この時の距離お互いの距離1メートル位だったと思います。
女性をみると向こうも傘をさしていなくて、長い塗れた黒髪が顔にはりついていて正直不気味な感じ。
顔もなんだか蒼白というか。
そういうのもあって俺はビビって固まってしまいました。

女性はもう目の前です。

「うわ、なんだよ怖ええ。ぶつかる!」と思ったのですが、女性は俺の横を通りぬけました。
横と言っても女性の顔の位置からして、俺の体右半分程をすり抜けたというか・・・。
すごく怖くて、でも「すり抜けるなんてそんな事はありえない」と自分を納得させるために振り向いて女性を探しました。
が、いないのです。

角でも曲がったか?とも思ったけれど一本道だったのでそんな事もありえない・・・。
その後はもう怖くなって家に帰りました。
その後今の所何もないのが救いです。
昨日のことだけど。

以上が昨日俺の初めての奇妙な体験の話です。
すり抜けた女性もそうだけど、ほんとに足がすくんで、ガタガタして動けない自分自身にも怖さを感じました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!