田舎で見たペイントの意味

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

もう7、8年も前になるし伏せなくても何の意味ないから言うけど、俺の地元は大分県にあってね。
で、親父方の爺ちゃんの墓が、佐伯市内から少し内陸の方に入った辺鄙な場所にあるんだけどさ。
ぶっちゃけて言うと、本当にド田舎って言うのが相応しいくらい、疎らに建った住宅と何かを栽培してる畑くらいしか目に映るモノが無いのよ。

んで、ここからが本題なんですが、実はそんな田舎風景の中でも一つだけ例外的に目立つ建物があったんです。
コンクリート製の建物なんですが、これがまた地元の不良かなんかに荒らされているみたいで、壁中が落書きだらけだったのよ。
そんなんだから、緑と茶色が大部分を占めている中で嫌に映えちゃって、そこへ墓参りに行く度に気になって仕方なかった。

そして7、8年前、丁度高校生くらいの時かな。
意を決してその建物へ従兄2人と俺で行くことになったんです。
ちょうど大人組は墓掃除の休憩がてら談笑してたし、咎められたら面倒なので、こっそり隠れるように建物まで移動したのよ。

で、その建物に着いた訳だけど、遠目で見ても目立つのに近くに行くとまさに圧巻だった。
青、赤、黒、紫といった具合にカラースプレーで目茶苦茶に落書きされた壁は、正に一種の催し物みたいだった。
中にはスゲーと思うほど上手いペイントもあったし、お下劣な絵をデカデカと書き殴っただけのペイントもあった。
いつの間にか俺たちは、その落書きを観覧することに夢中になっていた。

そんな中、従兄の1人で最年少のHがこう言いだした。

「どうせやけん、中入ってみらん?」

そう言われて建物を見たけれど、所々罅が入ってたり鉄棒が剥き出しになってたりで、少し危ないかなと思ったわけよ。
でも俺も入りたいしなぁ。
どうしようかなー、と決めかねていると、もう一人の従兄のKが、「上の階・・・・・・は流石に危ないからダメじゃけど、一回くらいならいいんじゃないかな」と早々に決めてしまいました。
最年長のKが言うんだし、まあ確かに突然崩れたりはしないだろうな、と勝手に納得した俺は、2人と一緒にその建物内に入り込んだ。

真夏の昼間とあって、思った以上に中は明るかった。
でも所々崩れた瓦礫があったりで、やはり上の階は危ないから止めようと言う事になった。

想像通り・・・・・・というべきか、当然の様に中も落書きだらけだった。

至る所にスプレーが撒かれ、どうやって描いたのか天井部分にまで落書きがなされてた。

そんな中、スゲースゲーと言いながら落書きを眺めていると、突然Hが「あっ」と喫驚な声を挙げた。
転んだのか、どうかしたのか、と心配になり慌ててHの声のした方へ行くと、そこにはHが棒立ちになって壁を眺めている。

「どうしたん?何かあったん?」
少し心配になってHに声をかけると、ビクッと肩を震わせてHは俺の方に振りかえった。

「あ、いや。なんか気色わりー絵見つけたけん驚いただけなんやけど・・・アレ」

そう言ってHは壁の方を指をさした。
釣られて俺もそちらに目をやると、そこには真っ赤な塗料で塗られた魔方陣?みたいな円形の枠組みの中に花を描いたみたいな不気味なペイントが描かれていた。
そこへ声を聞いたKもやってきて、これは何だろうという話になったわけ。

「これ何か変じゃない?明らかに他の絵と違うんやけど・・・」

「や。別に不良の事はよく知らんけど、こういう絵もかくんじゃないかなぁ」

「そうやけど・・・」

Hは何故か不安気にKに話し掛けていたが、Kはそこいらの絵と同じように不良がふざけて描いたものだろうと気にも留めていない様子だった。

「でもすっげぇ綺麗な円やなぁ。中に描かれてるこれって花かな?蓮っぽいけど」

「アーティスト気取りの馬鹿が描いたんじゃないん?でも確かに不思議な絵やなあ」

俺もKと同意見で、気にも留めずに何だろうどうだろうと意見を交わしていた。
本当に綺麗な円形だったし、まるでPCのペイントツールで描いた魔方陣みたいだった。

その時、誰かがこちらへ近づいてくる気配があったので、誰だろうと入口あたりを振り返った。
するとそこから伯父さん(Kの親父)が現れて、俺たちを見つけるなり眉間にしわを寄せて何やってんだと呆れた声を出した。

「居ないと思ったらやっぱここにいたのか。ホラ、休憩終わったからさっさと戻るぞ」
どうやら俺たちを探していたらしい。
幸いにも建物に入った事を咎められそうになかったので、怒られる前に慌てて入口の方へと駆けて行った。

その時、伯父さんが例のペイントに気付いた様で、俺達の後ろに目をやると、そのペイントをじーっと睨みつけ始めたのよ。
その時はて、てっきり伯父さんもあの絵が気になんのかな?程度にしか思わなかったけど、伯父さんの顔はみるみる険しくなっていき、最後には手で顔を覆って天を仰ぐような仕草をしながらこう語りかけてきた。

「お前ら・・・・・・アレ見とったんか」

「アレ?」

「あの花が描かれた家紋や」

家紋?何の事?と思ったが、すぐに例のペイントの事だと分かった。
すぐさま頷いて見せると、伯父さんは「うわー、マジかー」と呟くように言って顔を伏せてしまった。

「一体どうしたん?」

Kがその様子を見て伯父さんに話し掛けると、伯父さんは苦々しい顔をしたまま顔を上げると、「・・・いや、何でもない。ホラ、さっさと戻るで」と言ってスタスタと外へ歩いて行ったしまった。
その様子を見て思いっきし不安な気分になった俺たちは、慌てて伯父さんのあとを追う様にしてその建物を後にした。

あの後、伯父さんが俺の両親やHの両親、お婆ちゃんを含めて話し合いみたいな事をし始めて、俺たちは墓掃除をしろとその場から追い出された。
そして墓掃除が終わる頃に大人組達がやってきて、俺たちを呼びだすと、今日あの廃墟で見た模様について、あれを見たのは今回が初めてか、以前に見た事は無いかと鬼気迫る様子で聞かれた。
その迫力に押されて、全員が恐る恐る首を縦に振ると、大人たちは安堵したかのように顔を緩ませてフーッと息をついた。
そして、再び俺たちに向き直ると、今日見た事は忘れなさい、それから絶対に廃墟とかには近づかないようにしなさい、と真剣な顔で言われた。

それから本当に何事も無かったかのように墓参りを再開して、別に寺だの神社だの行くこと無く帰路に就いた。
伯父や両親に聞いても、あの絵が何なのかは教えてくれなかったし、別に実害もなかったから、やがてそれは不思議な思い出になって、時間の経過とともに忘れて行った。
あの建物も翌年には取り壊されて更地になっており見る機会もなかったからだ。

で、月日は流れて今は県外に出ていて山陰あたりをうろうろしてたんだけどね。
つい先日、あの時と全く同じ模様をキャンプ場のトイレで見つけてしまったんですよ。

本当に全く同じです。
色も大きさも。

見た当初は、不気味だとしか思ってなかったんですが、あの時の「見たのは初めてか」という質問を思い出し、何とも不安な気分になってしまったので、厄払いついでにここへ書きこませてもらいました。
今のところ実害も何もないんですが、2度あれを見てしまった俺はどうなるんだろうと不安いっぱいで、夜しか眠れません・・・。

と、以上が話の内容になりますが、いま読み返したら酷い文章ですね。

「一種の催し物の一種」って・・・・・・。
今現在分かっている事は、あの模様は家紋であること、複数回見る事に意味があるらしいことだけです。
イメージしにくい人は、サイレントヒル3のセーブポイントを思い浮かべれば分かりやすいと思います。
本当にあんな感じです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!