お祓い?いかねー。

これは大学2年の夏の話だったかな。
途中出てくる会話文については、大体こんな感じで言ったというニュアンス的なものだと受け取ってください。

その頃俺は友人に誘われて心霊スポットをよく巡っていて、あの日も迎えにきてくれた友人Aの車に乗って行った。
車にはもう一人友人Bが乗っていて、A,Bともに怖いもの知らず・・・というか幽霊が見たくて見たくてしょうがないような奴らだった。
もちろん俺も幽霊を見たいと思っていたから誘いにのっていた訳だけども。

ちなみに場所は九州で、向かって行った場所は海沿いの某廃墟。
地元では割と有名な心霊スポットで、実際に行ってみるとかなりの雰囲気はあった。
特に衝撃的だったのが・・・部屋が一室まるまる焼け焦げていて、幽霊が出るとかそういった以前に安全面での危険性も大きかったのを覚えている。
その某廃墟を少しうろうろしたりしていたが、実際そこでは何も起きなかった・・・。

問題は帰り道にて起きた。

直線の道路を走っていた。

友人B:「なあ、トンネルの前の山側の方さ、なんか動いてね?」

言われてみると・・・まだ少し距離はあるが、確かに山の側面だろうか?・・・何かがうごめいているのが見えた。

友人B:「動物か何かか?」

友人A:「う~ん、でもあれなんか妙に赤くね?」

俺:「よくわからんなぁ・・・」

そうこう言いながらも、それが見える位置まで車が近づいていき・・・それが確かに赤い色であることがわかった。
そしてそれが人の纏う服(着物?)であり、着ているのは長髪の女性?だということも・・・。

何やらうごめいて・・・と見えていたものは実はすごい勢いで山の側面を駆けずり上がろうとしていて、しかし斜面がきついせいかなかなか上りあぐねているようだった・・・。

これはおかしくないか?と思った。
時間は深夜3時ぐらい・・・。
こんな時間に、山の奥に何があるというのか・・・。

そして何よりあの動き・・・。
それはもう相当必死に見えた・・・。
とにかく異常な動き方をしていた・・・。

やめればいいのにAはさらに車を近付け、停車。
俺とBは正直かなり怖気づいていたので”それ”を直視することができなかった。

友人A:「やべ、感づかれた。たぶんこっち見てる」

そこでAも完全に怖気づいたのか、即車を走らせてそれはもう急いで逃げ帰った。

運転してるときはすごい張り詰めたような顔をしていたけど、帰った後のAの怯えようがすごかった。

友人A:「え、お前らバックミラー気付かなかったか?ずっと赤いの映ってたぞ・・・」

そこでさすがにこれはヤバイだろ!とい話になりお祓いに行こうってなったんだけど、お祓いの話になるとAがすごい嫌がるわけ。
どうもうさんくさいからって理由で、仕方なく俺とBだけでも後日お祓いに行くことにした。
Aは結局来なかった。

しばらくは何が起きる訳でもなかったんだけど・・・その1か月ぐらい後だったかな。
もう帰省先から戻っていたんだけど、自分の親からメールがきた。

「A君、交通事故で亡くなったって」

ありがちな結末だけど、俺はそれがあの時の霊らしきモノの仕業以外に考えられない。
お祓いに行かなかったからなのか、あの時そばで直視したせいなのか・・・よくわからない。

あれから心霊スポットに行くことは無くなった。(不謹慎ながらもオカ板とか見ている辺り、懲りてないのかもしれませんね)

ちなみに、その女みた場所は以前新聞で幽霊騒動があった場所としてあげられていたそうな。

詳しくは知らないが・・・。
ありきたりの話だというのは自覚しているよ。
ただ本当にこういうことがあったのかと思うと怖かったので投稿してみた。

あまり詳しい場所までは言いたくないんだけど、大分県。
県内の人ならある程度場所がわかると思う。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!