雀塚の集落

東北地方の民族文化を研究してる大学の教授が雑談として話したんだけど、東北地方に『雀塚』というのがいくつかあるらしい。
何も雀を弔ってる訳ではなくて子供を弔ってる。
どういうことだろうと思ってると、なんでも昔から飢饉や食料不足になると口減らしとして、長男は家督を継ぐし、女の子は女郎として遊郭に売れるからいいのだけど、長男以外の息子・次男や三男なんかは正直いてもしょうがない存在になるそうだ。

それで飢饉や食料不足になると村の大人達が口裏を合わせて、ある晩ある事を決行する。

それは子供達が寝静まった頃、一軒一軒大人達が回って次男以下の男の子を総出で抱きかかえ、村の近くに掘った深い穴に投げ込むそうだ。
投げ込まれた男の子達はそこで自分の運命に気付くわけ。

最初の数日は助けを求める声がしてくるのだけど、誰も素知らぬ顔で、でもそれがだんだんと小さくなって聞こえなくなったら穴を埋めに行く。

穴にいくのだけど、まだ数人は生きてる・・・。
なぜなら共食いをしてるから・・・。

それでもまぁ死んじゃって大人達は穴を埋めて塚にする。
彼らの魂が鎮まるようにって、でそれが雀塚。

そのおかげで食料不足は越えられるんだけど、それをやってしまうと、なぜかその集落はそれから男の子が生まれなくなって集落はいずれなくなってしまう。
そういう集落がたくさん出てきたらしく彼らは考えた。

長男の名前に似た名前を一つ考えて、次に生まれた女の子に少し変えて名前をつけた。
「かずあき」なら「かずこ」みたいに。

それでその女の子を次男以下の男とみなして遊郭にも売らず大切にした。
なんでも人の気の持ちようで、それで大丈夫だろうと思うと普通に男の子も生まれるようになったらしい。
教授は呪いなんかじゃないって言ってたけど・・・。
なので自分の名前と妹の名前が似てるなと思ったら雀塚の集落の名残かもな。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!