目撃者、被害者は多数

国道12号線を旭川方面に向かい、美唄市内をぬけて美唄I・C方向へ右折。

そのまま直進し、我路(がろ)市街地を越すと美唄市国設スキー場が見える。
その右側のロッジに向かって左側の道を入ると今は廃校となった古い小学校がある。

タクシー運転手Aさん(53)によると、ここはその昔、炭鉱夫の集落として栄えた町であるという。
地元では幽霊が出る場所としてあまりにも有名で、目撃者あるいは被害者は数知れない。

さらにロッジを左に見て橋を越え、1km程進んだところに炭鉱病院の跡がある。
ほとんど崩壊状態ではっきりとどこにあったかはわからなくなっているが、車道左側に石橋があり、それを渡った所にある空き地にあったと思われる。

この前を通りかかるとうめき声のようなものが聞こえてくるらしい。
作業中の事故で亡くなった人々の霊がさまよっているのか、特に無数の霊が見え隠れするという霊安所跡地が恐ろしい。

何しろこの我路一帯が恐山以上の霊の溜まり場となっているというのだ。
霊感の強い人は我路に一歩足を踏み入れただけで鳥肌が立ち、悪寒を覚え、酷い時には吐き気をもよおすという。

面白半分で行くべき所ではないと言えるだろう。
夜は危険過ぎるので近づかないのが賢明かもしれない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!