どう見ても人の歯型である

知り合いの話。

彼は現在、山中のレンタル菜園場と契約している。
土地だけを年単位で借り、そこで好きな作物や草花を育てるシステムだという。
元は団地になる予定だったらしいが、バブルが弾けたせいで開発が中途半端に終わり、結局菜園という場になったものらしい。
週末になると夫人と連れだってそこに行き、野菜の世話をしているそうだ。

いつの頃からだろう、菜園を荒らす者が現れた。
大根を引き抜いていると、その内の何本かに囓った痕がある。
どう見ても人の歯型であるらしい。
何かの悪戯かとも考えたが、どうにも腑に落ちなかった。

菜園仲間と話す中で、他の人達も被害に遭っていることを知った。
不思議なことに、被害は大根ばかりに限られている。

しかし、一番古株のOさんの畑の大根だけは様子が違っていた。
毎回毎回、地上に出ている青首だけを残して、地中の部分は綺麗に丸ごと食われているのだ。

「Oさんは野菜作りが上手いから。大根も大きくて立派だし、味もさぞかし良いんだろう」

誰かがそう言ってから、不気味がっていた仲間内の空気が一変した。

誰の大根が一番食べられるのか。
誰の大根が一番美味いのか。

そんな奇妙な競争が、現在菜園では、静かに繰り広げられているのだという。
正体不明の畑荒らしを審査員として。
それまで大根を作っていなかった者も参入してきており、何とも変な活気が出ているそうだ。

「いやいや、儂の農家としての腕前は、まだまだだと思い知ったよ」

彼はそう笑いながら、どこからか貰ってきた農作業の手引き書を読んでいた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!