妙義山での体験談

6年位前、妙義山にひとりで登ったことがある。

ふもとの神社の桜がきれいと聞いて、見に行ったんだ。
以前家族でも登ったことがあったし、軽い気持ちで途中まで行ったのね。

いくつかの鎖場を越えて、いちおう区切りのいい場所まで出たから満足して、さあ下りようと思って歩き出した。

もともと登山道としても舗装や整備がされてるわけじゃなく、いくつか目印があるとはいえ、先人の歩いた跡を辿って登るような道だったため、20分くらい歩いて道に迷った。

ほかに登りに来ていた人もなく、熊がと言われていたのですごく不安になり、しばらく立ちすくんでしまった。

実際には5分くらいだったと思う。

頭上から突然、「ちりんちりん」と熊よけの鈴みたいな音が聞こえてきた。

ああ誰かいるんだ!これで帰れる!

そう思って、急いでその音の方向に向かって歩き出した。
すると3分も行かないうちに、登山道の目印が見えたんだ。

精一杯急いで下りたんだけど、山から下りてきたひとの姿はなかった。
もしかしたら登ってく人だったのかもしれないけど、迷ったとき夕方4時を過ぎてたんだよね。

これからどんどん暗くなるし寒くなるし、行った先には山小屋とかもないのに・・・。
怖かったので、自分の中で山の神様に道案内されたってことにしてる。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!