そのホテルは今も池袋にある

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

大学受験で東京に出てきた折のことだから、すでに三十年前の話。

池袋のビジネスホテルの随分上層の部屋に宿泊。
その部屋は、転落事故、あるいは自殺防止のためででもあろうか、窓は嵌めきりのガラス窓で開かないようになっていた。

しかし、どうしたことかその開かない窓の窓枠に、とってつけたように錠がついている。

例の耳タブのような形の金属片が180度回転するようになっている、あれ(何やらという名前がついているはずだが忘れてしまった)。

「変なの」とは思ったが、翌日に入試を控えていたため、あまり気にせず一晩をすごし、快眠のうえで臨んだ翌日の試験もまずまず上出来に終わった。

東京観光のためにもう一泊したあと、チェックアウトの際、宿泊中何度か言葉を交わしていた若いホテルマンに、錠のことをたずねてみた。

ホテルマン:「ああ、あれ」

彼は、特にどうということもない様子で答えた。

ホテルマン:「つけとかないとね、誰かが覗くんです。で、窓、開けようとするの。見えるところに、つけとかないと。ま、開けようとしても、開かないから大丈夫なんですけど。やっぱ、気分悪いでしょ、そんなことされると」

誰かが覗き、開けようとする―。

地上、何十メートルだかの高層の窓を、外側から開けようとする、誰か?

上京して既に三十年が経つが、今でもあのあたりを通ると、ちょっと、薄ら寒い。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!