その異様さに身動きが取れず・・・

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

知り合いの話。

彼は夜中のランニングを日課としている。
近くの山中腹に城跡があり、そこの公園まで往復すれば、彼の足で小一時間。
手頃なコースなのだという。

普段は公園の入り口で折り返しているのだが、ある冬の日、ふと熱いコーヒーを飲みたくなった。

いつもは素通りする公園に入り、自動販売機でコーヒーを購入。
ベンチに腰掛けて、熱い飲み物を啜り始める。

月が冷たく無人の園内を照らしていて、これは中々の雰囲気だと悦に入る。
その時、闇の中からザッザッと砂利を踏みしめる音が近よってきた。

やがて月光の下、野暮ったいスカート姿の、背の高い人物が現れた。
一目見て仰天した。

そいつは首から上の頭部に、スーパーの紙袋を被っていたのだ。
何の呪いかその袋には、太いマジックで一面に図形が落書きされている。
大きさは様々だが、皆同じ形状の図形。

「簡略化された“目”に見えた」そう彼はいう。

そいつは一旦足を止めたが、またすぐに動き出すと、彼の隣に腰を下ろした。

向こうの体温が感じられるくらいに、密着した距離でピッタリと。
突然のことに逃げることも出来なかった。

相手は終始無言。
ひたすら不気味だった。

チラチラと盗み見る内、剥き出しになった膝に目が吸い付いた。
ゴツゴツした皿の形、強そうな臑毛の剃り跡。

「・・・こいつ、男じゃん・・・」

もう我慢が出来ず、コーヒーを必死で飲み下した。
出来るだけさり気なく立ち上がり、自販機のゴミ箱まで空き缶を棄てにいく。
そのまま振り返ることなく、足を次第に速めながら公園の出口に向かった。

追ってくる様子はない。
公園から出るや否や、全力疾走で走り出す。
最後に一瞬だけベンチの方を見たが、そいつはまだポツンと腰掛けていた。

後日、地元の高校生の間で、城跡公園に出る袋女が噂になっていると知った。
都市伝説のような調子で語られており、誰もその正体は知らないのだという。

「少なくとも、何かが袋を被って徘徊しているのは事実だ」

彼はそうボヤいていた。

彼は今でも深夜のランニングは欠かしていない。
しかし、あの公園に一人で寄ることは絶対にしないそうだ。
その甲斐あってかあれ以来、袋女には出会っていないという。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!