有楽町線でみた男の子

俺ってひどい近眼なんだよね。
この前職場でこけてメガネ壊したんだけど、その日は半日メガネなしで何とかやってたんだ。

それでメガネ修理の為、早めに仕事上がって地下鉄に乗った。

有楽町線だけど、最初は周囲がぼやけるわ、遠近感はうまく掴めないわで、ちょっとびくびくしてた。
でも池袋につく前には少し慣れたかな、と思っていると。

ぼやけた雑踏の中に、そこだけくっきり見える物があった。
どう説明していいのか分からないけど、何か眩暈がしそうだった。

なるべくそちらを見ないようにして、人波につられて歩いたけど、もう一回見てみたい誘惑にかられた。

それは物じゃなかったんだ。
色彩が無かったから物に見えたけど、人間のようなものだった。
背のひょろっとした中学生くらいの男の子。
俺がまばたきしながら通り過ぎようとすると、俯いたまま横移動。

もう気づいてたよ。
これが生身の人間じゃないことは。

だって、俺は壁際を歩いてた。
そいつは壁に写った映像だった。
その後、眩暈がひどくなって、吐き気がしました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!