あの人はね、◯◯しなの・・・

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

そんなに珍しい話じゃないが、俺には父親がいない。

と言っても、顔も覚えてないってわけじゃない。
出ていくところを母親と一緒に見守ってたのが最後。
5歳の頃だったと思う。

玄関に立っている俺と母には目もくれず、ただ背中を向けて黙々と靴のひもを結ぶ父。
出ていく時も、こちらを向くことはおろか声さえ発しなかった。

当時俺は5歳。
普段父が出ていく所を滅多に見ない俺は母に聞いた。

俺:「ねぇ、パパ何で出てったの?」

・・・母は泣いてた。
もう誰もいない玄関を見つめながら、そして確かにこう言った。

母:「あの人はね・・・、人殺しなのよ・・・」

あの母の言葉が今でも頭に焼き付いて離れない。

親父の過去を知りたいような知りたくないような・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!