殺されなくてよかった

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

俺が中学生だったとき、同じ部活にイスラム教徒のサンニ(仮名)ってヤツがいた。
俺はコイツと妙に気が合わない部分があり、よく喧嘩したりしてた。
とはいっても殴り合いってほどではない。
先生に見つかったりしたら大変だしな。

コイツはちょっとからかうとすぐにキレるヤツだったんで、「バーカバーカ」とでもいってやれば、すぐに追いかけてきた。
分かるやつにはわかると思うが、逃げるのも楽しい。
で、たまに自分の持ち物がそいつに隠されてたり、悪戯されたりするわけだ。
その繰り返しだな。

これだけみると可愛いもんかもしれないが、本人たちは7割は本気で憎しみあってたと思う。
ある時は、自転車で4,5キロ追い掛け回され、商店に逃げ込んだこともあるくらいだ。

あるとき、買ったばかりの筆箱がぐちゃぐちゃにされてた。
落書きされ、切られ。
それは母親が買ってきてくれたもので、なんだか当時本気で頭にきて、先生にチクってやった。
サンニはこっぴどく怒られ、俺はスカッとし、気持ちよく帰宅した。

次の日、ヤツは俺に仕返しにくるかと思い、何時来ても俺は最高のダッシュで逃げてやろうと待ち構えてた。

2時間目かな、終わったときに廊下で、次は体育か~などと思ってた。
そのときだった。

ヒュルッとなにかが前を通ったと思った次の瞬間に、後ろから首を絞め上げられてた。
俺は一瞬で”サンニ”であると理解した。
そして、これが単なる首絞めでないことも・・・。

俺は首を、靴紐より少し太い程度の紐で絞め上げられてた。
最初に「ひゅるっ」と目の前を通リ過ぎたのは紐だった。
足が浮いてる気がする。

やばいと直感的に思った。
いまこのフロアには誰もいない・・・。

今思うと、金玉握れば離す気もする。
が、咄嗟に首を絞められると頭が回るもんじゃない。

意識がおかしくなり、「ごはっ」と変な咳?がでた。
走馬灯は見えなかったが、このとき少し『死』を意識したと思う。

次の瞬間に、衝撃と共にサンニの体制が崩れ、俺は咳をしつつ涙目で転げ回った。
同じ部活の友達、山口がタックルしてくれたのだ。
意識がまだはっきりしないものの、山口がサンニを説教しているのを見て安堵した。

俺はまだ咳き込みながら、「お前、ふざけるなよマジで死ぬとこだったぞ・・」と言って、とりあえず逃げておいた。
後で山口に、「お前もさっきのは危なかったぞ。仲直りしておけよ」と言われた。

なんというか、サンニも殺そうと思ったのではない。
ちょっと度が過ぎたか、キレたんだと思う。
度が過ぎてるにも程が・・・と思うかもしれないが、それが国柄の違いというか・・・。
その証拠?に、のちにサンニとは和解し、友達になった。

まぁ、俺がいいたいのは、特に外人に対しては接し方に気をつけろってことだ。
日本人の常識は日本人にしか通じない。

いま俺は夢だった仕事に就け、日々充実し、「あの時殺されなくてよかった」とたまに思う。
山口はオリンピックに出場したとかって話だ。
まぁ、マイナー競技ではあるのだが、陰ながら応援している。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!