死んだ本当の理由って

現国教師Fが授業の空き時間に聞かせてくれた話。

朝、F(当時14歳)が教室に入ると、Fの友人『Tくん』の机の上に花瓶が置かれ、花がいけてあった。
俗に言う『亡くなりました』のサインだ。

当時そういうイジメが流行っていた時世もあり、加えてTは死んでいるはずもない。
たった今Fとともに登校してきたのだから・・・。

激怒したFとTは花瓶をゴミ箱に放り投げ、花を踏みにじり、怒声をあげて犯人探しを始めた。

10分ばかりが過ぎ、ちらほら増えてきたクラスメート達も状況に戸惑うばかりで、教室は混乱する一方。
そこに担任教師が入ってきた。

担任:「えー、とても悲しいお知らせがあります。席についてください。・・・Kちゃんが、交通事故に巻き込まれて、今朝方亡くなられました」

FとTは一瞬何を言っているのか理解できなかった。
あの花はKちゃんに捧げられたものだった。
KはTのもう一つ前である。
つまり、担任が机を間違えたのだ。

では何故皆Kが死んだ事を知らなかったのか?

実は、Tが連絡網を回し忘れていたのであった。
そんなことは露とも知らず、先生は気が付いたようにこう言った「ここにおいてあった花は、どこですか?」

ちなみに花は、Kが育てていたクラス花壇から一輪失敬したものであった。

私はこの話を聞いたときよりも、その後の、「でもねぇ、Kちゃんが死んだ本当の理由って、自殺だったんだってさ。塾で『お葬式イジメ』やられたんだってよ」という余談を聞いたときのほうが後味が悪かった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!