吉祥寺の某ビジネスホテル

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

今から六年くらい前、社会人テニスサークルの合宿でのことです。

サークルにはヤンキーキャラ公務員K君というメンバーがいました。
夜、部屋で宴会していて怪談話でわいわい盛り上がってました。

しかし、基本怖いもの無しのヤンK君はつまらなかったようで、黙って独りで呑んでました。
皆一通り自分の持ちネタを披露したので、「あとはKだけだよ」と聞くとヤンKは「う~ん。俺霊感とかねーし。」と

それでもしつこく催促すると「あ。こないだこんなことあった。」と淡々と話始めました。

ヤンK君の話はこんな内容でした。
ちょっと前に出張で止まったホテルでのこと。
仕事が予想外に手間取り、チェックインが深夜になりました。

疲れたヤンK君はすぐ寝ようと、シャワーも浴びず着替え、そして、さあ寝ようと、毛布をよっこらしょ、と引き剥がすと・・・毛布の裏には長い黒髪がびっしりと張り付いていました。
それはまるで、一人分の髪の毛を全て毟ってまぶしたかのようでした・・・。

そこで短気なヤンK君は、手入れが行き届いてない!!と怒り、すぐさまフロントへ電話しました。

フロント:『はいフロントです』

ヤンK:『このベッド。毛布の裏毛だらけなんだけど!』

フロント:『申し訳ございません、お客様。すぐ”部屋”をお取り替えしますので。』

ここで初めてヤンK君は怖くなったそうです。
たったこれだけのことでなんですぐ部屋替える話になるんだ、と。

吉祥寺の某ビジネスホテルだそうです・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!