薬と酒とロープと片道切符

僕は自殺しに樹海に入る前に不思議なことが起こり、樹海に入ることなく自宅に帰った。

鬱が酷く、薬と酒とロープと片道切符、少しの金(5kくらい)、普段着で家を出た。
電車に揺られ、『景色が綺麗だ、樹海はどうだろう』とか思いながら。

有名な入り口のあるバス停に行く前に、なんとなく『ばれねーか?』と思ってしまいウロチョロ。
したら、地元民が「あんた、ユースケ君じゃないか?」と聞いてきた。
「違いますよ、観光客です」と言った。

したら、「ああ、ごめんなさいね、泊まるトコあるの」と。
なんなんだろうこのおばさん・・・と思った。

僕:「ハイ、ホテル取りますし」

なんか久々に人と(母親クラスのオバサン)と話して楽になった僕は、ついオバサンの誘惑に負けた。

おばさん:「泊まっていきなさい、今夜は鍋だよ」

・・・鍋なんて何年も食ってなかった。

結構古い佇まいの家に通され、ご家族が居た。
羨ましかったが、『ヤベー僕は此処には要らない人間なのに』と思った。
したら、オジサン(オバサンの旦那)が「良くきたね」と肩に手を置いた。

世間話しながらつい「鬱病で働けない」とか口を滑らせる僕・・・。

オジサ:「○○君、失礼だけど荷物見せてくれないかな」

僕:「!!!!いや、下着だけですよ」

そう言って僕は焦った。
したら、お婆さんが写真を持ってきた。

リュックにロープ、本、薬とお菓子が入った写真。
ユースケ君とは其処の息子だった。
まさかこんな近場で死ぬとは思わなかったと言う。

鍋は、ご家族と僕とユースケ君の写真とで、泣きながら食った。
あんな美味い食い物と優しい人が居ることに、自殺願望は遠のいた。

風呂は薪で焚くタイプのやつ、1番に行かせてくれた。
オジサンが一緒の部屋で寝てた。(実際は一睡もしていなかったらしい)

翌日、「御世話になりました」とその家を出ようとしたら、なんと自宅まで送るという。
「じゃあ警察に行きますから」と言うが、「させてちょうだい」と。

僕は四国に住んでいたから信じられなかったが、本当に送って下さった。
ちょっとした家族旅行みたいで楽しかった。

其処のご家族は、ユースケ君の病状について親に説明してくれた。
僕の親は理解が無かったから。
遠いところから送ってきて下さり、借りていた旅費を親が返そうとしたら、「ユースケに怒られるからいいんですよ」と受け取らない。
しかも、僕の親もユースケ君のご両親も号泣だ。(僕も)

その後入院し、多少楽になった。
ユースケ君のご両親とは未だに家族絡みのお付き合いだよ。

みんな、シヌナ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!