あの御巣鷹山・・・

俺の職業自体は建設業の会社員なんだが、わりと自衛隊上がりの人がいるんだよね。
いろんな資格持ってる人が多いから、重宝されるのかもしれんが。

工事課のT係長もそういう経歴の持ち主なんだけど、この人は、日航機墜落の事故現場に出動したことがあるらしい。

そう、あの御巣鷹山・・・。

曰く、「『怖い』ってのはああいうことだ」とのこと。
人体の破片、線香の匂い、嘔吐する同僚や警察の人。
訳も無く涙が出てきて仕方なかったそうだ。

T係長:「人生が粉々の黒焦げになって、そこらに散らばってるのが堪らんかったよ。この人たちは、飛行機堕ちるまでどんだけ怖かっただろう、無念だっただろう、と思ってな」

ボソボソとした口調で淡々と仕事をこなす温厚なT係長が、ヤクザ丸出しの土建屋相手にも一歩も引かない肝っ玉なのが、少しだけ理解できたエピソードでした。

あの事故で亡くなった会社員の、妻と子に宛てた手帖に走り書きの遺書を読んだとき、涙が止まらなかったよ。
そして同時に、人の尊厳に感服した。

転載。
搭乗していた52歳の会社員の遺書。

『マリコ、津慶、千代子。どうか仲良くがんばってママをたすけて下さい。パパは本当に残念だきっと助かるまい。原因は分らない。今5分たった。もう飛行機には乗りたくない。どうか神様たすけて下さい。きのうみんなと食事したのが最后とは。何か機内で爆発したような形で煙が出て降下しだした。どこえどうなるのか。津慶しっかりたのんだぞ。ママこんな事になるとは残念だ。さようなら。子供達のことをよろしくたのむ。今6時半だ。飛行機はまわりながら急速に降下中だ。
本当に今迄は幸せな人生だったと感謝している』

死を前にパニックの中で、ここまで書けるのかと感服した。
そして、この遺書を受け取った奥さんの言葉にまた泣いた。

「十分に愛してくれました。この最後の言葉によって、私はあとの人生を生きてゆけます。暑い中、厳しい場所で、事故の調査に当たっている方々に感謝致します」

人はまだ捨てたもんじゃないと思った。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!