いいところに行こうね

小学校にまだ行かないころの記憶。

母親が「いいところに行こうね」と言って、自分の手を引いて家の外に出た。
どこか楽しいところに連れて行ってもらえるんだと思って、嬉しくなって一緒に歩いた。

しばらく歩いた後、母親は踏み切りのところで立ち止まって動かなくなった。
電車が来ているわけでもないのに、なんで踏み切りを渡らないのか不思議だったけど、自分も黙って一緒に立っていた。

その内に遮断機が降りて、電車がやってきた。
そうしたら母親が、ものすごく強く自分の手を握り締めた。
電車が通り過ぎて遮断機が上がっても、まだ母親は歩き出さなかった。

何回も電車が通り過ぎて、そのたびにぎゅーっと握られた手の感触の記憶が残っている。
今も人と手をつなぐのが嫌いだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!