婆さんが死ぬまで続く

『助けて!!息子に殺される!!』

110番で聞こえたのはそれだけらしく、まだ新人の私はドキドキしながら先輩と二人で現場に向かった。
電話番号から割り出した住所にたどり着いたのは普通の一軒家で、通報から20分程経っていた。

インターホンを押して出てきたのは少しやつれた20代の男で、後ろではニコニコとお婆さんが笑ってる。

「すみません、こちらの御自宅から通報を受けたのですが」と言うと、男が申し訳なさそうに「申し訳ございません、祖母が間違って電話してしまったようで」と答えた。

私が「お婆さんのご連絡ですか?えーと、今お父さんはいらっしゃいますか?」と聞くと、「もういい、怪我などはありませんか?大丈夫ですか?」と先輩が男に尋ね、「いえ、少し引っ掻かれた程度ですから大丈夫です」と男は答えた。

相変わらず後ろではお婆さんがニコニコしている。

先輩は訳知り顔で「お大事に」と男に言うと、私たちは早々にパトロールへと戻ることになった。

【補足】
実はどうとでも読めるように書いただけで、実際は俺が体験した事実だ!
そしてこれが婆さんが死ぬまで続くという怖い話・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!