死亡推定日時は・・・

防災無線で、市の広報が行方不明者の情報提供呼びかけていた。

『こちらは防災無線○○(市名)です。行方不明者のお尋ねをします・・・』

自分には関係ないだろうが、とりあえず注意をそっちに向けた。

『市内××に住む45歳の男性が、3日前から行方が分からなくなりました・・・』

もう少し早く届けてやれよ。

『身長は175cmぐらいで体形は普通。紺色のジャンパーにオリーブ色の長ズボン・・・。赤い登山帽をかぶり、白の運動靴を履いています・・・。お心当たりの方はもよりの警察署か・・・』

一切見たことも聞いたこともない人だ。
私には無関係だろう。

数時間後、広報の続きが流れた。

『・・・先程お尋ねをしました男性は、発見されました・・・』

そうか、見つかったのか。
よかったよかった・・・。

【補足】
・マジで実体験の話です。(もう何年も前の事なので、行方不明者の特徴とかは適当だが)

・その『発見』された人は翌朝の新聞によると、市の北部にある山道で自動車ごと転落死したらしい。

・死亡推定日時は発見の『3日前』。(つまり、行方不明になった日に事故にあった模様)

3日間も遺体が誰も気づかず放置されていたのに、広報流したら数時間で見つかるって俺の街一体・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!