岡山県の某市の民宿にて

20年前に地方回りの営業をしていた頃の話。

岡山県の某市で、いくつかあった定宿がことごとく満室だったので、たまたま泊まった純和風の民宿。
明け方になんとなく目が覚めたら、ちゃぶ台の周りを仲居さんがグルグルと廻ってる。
何度も何度も何度も・・・。

朝飯の準備だと思って気にせずに、もう一眠りしようかと・・・そこで正気になって飛び起きたら誰もいない。
もちろん部屋のカギは内側から掛けてる。
しかも、旧式のかんぬき型だし・・・。

時は流れて3年前の夏。
転職して、上の体験なんてコロッと忘れてたんだけど、岡山県に新事務所を立ち上げることになって、その準備で某市に泊まることになった。

で、地元出身の社員に連れて行かれたのが、上の民宿。
一瞬で全てがフラッシュのように蘇ったよ。

その時に、その社員とおばちゃんが、何やらニヤニヤ笑いながらこっちを見てた目に悪寒が走った。

電車のない遅い時間だったが、自分の携帯でタクシーを呼んでとりあえず駅まで行って、待合室で一晩明かした。

いったい、なんだったんだろう・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!