「悪意」を持った人間がいる

三年前の初冬の話。
知り合いと一緒に、靭帯切った友人のリハビリを兼ねて低い山に三人で登った。
地図は用意してあったのだが、中級向けで且つ時間もトータルで4時間ぐらい。
なので舐めてしまって、分かれ道の度に地図を見る手間を惜しんで分かれ道にある標識を頼りに歩くとそのまま迷子になってしまった。

来た道を引き返せば問題ないので、地図をチェックしながら引き返した。
その際、地図を見ながらチェックしたのだが、標識が何か所も向きがおかしくなっていたり、木に巻き付けるテープがより危険な方向に移動していたりと、明らかに「悪意」を持った人間がいる事が分かった。

入山届を入れるポストに、状況や経緯を書いたメモ書きを入れておいたが、中級レベルでも簡単に人は死ぬんだよな。

2000年から今までに20人以上亡くなっている山なのにそういう事をするやつが未だに居るのが怖いわ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!