NHK受信料の都市伝説

NHKはネット同時配信をすることで、ネット環境があればNHK受信料を強制的に徴収できる「ネット課金」の仕組みを計画している。

もし、この計画が実現すれば、スマホユーザーは、携帯料金と合わせてNHK受信料を徴収されるようになる。

現在の放送法では、NHKのネット同時配信はできない。
もっと徴収額を上げたいNHKは、ネット同時配信できるように申請した。
もしこれが受理されれば「テレビを持っていない」と支払いを拒んでいた人も、「スマホを持っている」「パソコンを持っている」という理由でNHKとの契約が必須となり受信料を徴収される。

テレビ放送の受信料と違い「テレビを持っているが、集金を無視して支払わない」ということはできない。

携帯電話の場合であれば携帯の契約にはNHKへの支払明細の提示が求められ、明細の提示がなければ、携帯の通信料と合わせて徴収される。
プロバイダーなどネット接続サービスも同様で、ネットを使うならNHK受信料を支払わなくてはいけない。

もし、支払いを拒否すればネットも使えなくなるため、ネットユーザーからの徴収は100%できることになる。

iPhoneならワンセグがないから対象外と思ってしまうが、テレビの電波ではなくネット接続が対象のため、ワンセグを搭載していない携帯であっても徴収されてしまう。

信じるか信じないかはアナタ次第!

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!