空気のような見えない存在

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

デートで花火大会の日の話。

5時の待ち合わせ時間に、彼が遅れてきた。
朝の内から何度もメールを入れたんだけど、良くわからない返事しか来ず、彼本人が来たのは7時を過ぎていた・・・。
しかも私の用事で、待ち合わせの場所に一時間以上早く着いていたのも、彼は知っていたハズなのに、別に急ぐ気も早く来ようという気も皆無。

遅刻の理由が、仕事で忙しかったとか寝坊とかならともかく、「朝10時には○○のメールで起きてたけど、何かぼーっとしている内に3時になってた。○○が『待ち合わせの場所に4時に付いちゃったけどどうしよう?』ってメール読んでたけど、無視して六時に風呂入ってたわ」と・・・。

詳しく覚えていないが、ともかく意味不明発言しか無かった。

挙げ句、「ねぇ車どうしよう?花火ってもう始まっちゃってる?俺一番前の席で見たいんだー」

・・・常識的に考えて、みなが集まる花火大会で車を止める場所はないから、普通は公共交通機関使うし、花火見たいなら二時間は早く来ないと駄目だよ・・・。
ていうか、それ何度も言ってたじゃん・・・。
聞いてなかったのかよ。

結局彼は花火大会の間中、人混みに揉まれつつ、少しでも花火の見える場所を歩き続けていました。
当然、後ろには私も居たのですが、私の言うことなど全く耳にもせず、スタスタ歩き続ける。
私、慣れない浴衣&サイズの合わない下駄で歩き何度もこける。
でも無視。
一回思いっきりこけて、足の親指と人差し指の付け根から血が滴ってても無視。

こっそり人混みで迷子になったふりをして、その後連絡拒否。
別れました。

彼は花火が終わるまで、私が後ろを付いてきていないことに気が付かなかったようです。
私は彼にとって、空気のような見えない存在だったのかも知れない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!