なんか虫みたいな感触が手に

自分の年齢もまだ理解できない年頃のお話。
いつものように母の近くに布団敷いて寝てたんだけど、その日は不思議と寝付けなかった。
で、なんかすることもなくぼーっとしてたんだけど。

しばらくするとだんだん肛門のあたりが痒くなってきた。
ガキだった俺は汚いとかそんなことは全然考えず、普通に直で肛門付近を掻いた。
それでも痒みは収まらず、仕方ないので肛門に指突っ込んでみた。

すると・・・なんか虫みたいな感触が手に伝わってくるではないか!

なんじゃこりゃあ!

さすがにビビった俺は手が汚いのも忘れ、母を揺り起こし、「お尻になんかいる!なんかいる!」などと必死の形相で訴えたのだが、母に診てもらったところに何ともないとの事。

数年後、小学生になり、ぎょう虫検査を受けたときもシロだった。

一体あいつは何者だったのだろう・・・。
そして今も、俺の体には奴が巣食っているのだろうか・・・。

お食事中の方へ。
汚い話でごめん。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!