生きた人間の思念

4年程前の話。
ある女の子と色々あり、縺れ(もつれ)てた。
付き合ってはなかった。
思いつめるとこがある子で、周りに「死にたい」とまで言ってたらしい。

程なくして俺は原因不明の肩の痛みに悩んでた。
でも我慢出来ない痛さではないので何とか普通に生活。

ある日、肩が痛いながらも一人でファッションビルへ買い物に。
いつも行くA店で担当の店員と30分程喋り、A店を出た。
30分の間、他に客は誰も来なかった。
その足で今度はこれまたいつも行くB店へ。

B店は店長が担当してくれてるのだが、その日は顔見知りの他のスタッフが「今日店長休みなんです」と教えてくれた為、すぐに出てそのまま帰宅。
数日後、再び同じファッションビルへ。
ルートも同じ。

A店で、数日前に喋った担当が会話の中。

A店:「こないだ彼女と来てたじゃないですか」
俺:「何それ。俺一人だったじゃん」
A店:「え~、いましたよぉ」

勘違いって事にしてそのままB店へ。
担当の店長が笑顔で「こないだ来てくれたそうで。女の子と来てたって他のスタッフに聞きましたよ」と。

気持ち悪く、ビルの近くで働く友達のとこに行って「こんなことがあってさあ~」と喋っていた俺の携帯にメールが。
Eメールではなく、au同士でやり取りするプチメール。
差出人名は通知不可能表示、内容は『あなたの事が好きです』の一行のみ。

ほんのり怖かった。

みんなが見た、その”女の子”の特徴は確認しなかった。
ちなみに色々あったリアル女の子は、今も生きてます。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!