犯人の逮捕には至っていない

臨月若妻殺人事件(未解決事件)その1

1988年(昭和63年)3月18日午後7時半すぎ、会社員の森山靖男(仮名/当時31歳)は仕事を終え、名古屋市中川区の新興住宅地にあるマンションの自宅へ急ぎ足で向かっていた。
自宅には当初の出産予定日が3月13日ですでに5日が経過している愛妻の美保子(仮名/27歳)が一人でいるからだった。

日に2回は自宅に電話を入れ、妻に陣痛の始まる気配がないかを確かめていた。
そして、18日の当日の午後1時の電話で、「まだか?」と問いかける靖男に美保子が電話に出て「まだみたい」と明るく答えている。
だが靖男が会社を出る間際の午後6時50分に自宅に電話をかけてみたが、いつもなら3回と鳴らないうちに電話に出るはずの美保子が、なぜか呼び出し音を10回鳴らし続けてもついに出なかった。

午後7時40分。
靖男はたどり着いたマンションの入口で道路側2階の自宅を見上げた。
いつもなら灯りがついているはずの部屋が真っ暗になっておりその時刻には取り込まれているはずの洗濯物も干されたままであった。
靖男は急いで階段を駆け上がりドアノブに手をかけた。

するといつもは用心深く施錠してあるはずのドアがスーッと開いた。
静まり返った家の中の奥の部屋から声が聞こえてくるようだった。
最初その声を靖男は空耳だと思ったという。

ゆっくりと声のする奥へ足を進めながら次第に声の意味が分かり出し、靖男は自分の耳を疑った。
それは間違いなく人間の赤ん坊の発する泣き声だったのだ。

奥の部屋に入った靖男は、今度はわが目を疑った。
電気こたつの横に両足を大きく開いた状態で仰向けで動かない美保子を発見した。
青いマタニティドレスにピンクのジャンパーを羽織り、黒いパンストをつけたまま、白い紐のようなもので後ろ手に縛られ電気こたつに接続されたままの電源コードで首を絞められていた。
両足の間には弱々しく泣き声を上げる血まみれの嬰児がおり、そのお腹からはおよそ30センチほどのヘソの緒がうねうねと畳に延びていた。

美保子の体は胸からみぞおち、下腹部にかけて薄いカッターナイフのような鋭利な刃物で真一文字に縦38センチ、深さ2.8センチに切り裂かれていた。
刃物は通りにくいヘソの周りは迂回して切り裂き、嬰児が異常分娩で産まれたのではない証拠に、子宮も12センチに渡って切り開かれていた。
犯人がそこから胎児を取り出したことは明らかだった。

母親の子宮から取り出された胎児は、乱暴にヘソの緒を切られ、刃物の切っ先によってひざの裏大腿の裏、股間の3ヶ所に傷を負わされていた。
靖男は救急車を呼ぼうとして電話のある玄関に引き返したが、あるはずの電話がなく、コードが引き千切られていた。

なぜ電話機がないのか?

考えている時間はなかった。
靖男はドアの外に転がり出て階段を駆け下り、階下の住人からひったくるようにして電話を借りて119番通報し奇跡的に男の子の一命はとりとめた。
体重は2930グラムであった。

しかし、なぜ電話機がなかったのか?
それは鑑識の現場検証で明らかになった。

美保子の遺体を調べてみると切り裂かれた子宮の中には最新型プッシュホン式電話機と車の鍵がついたミッキーマウスのキーホルダーが無造作に押し込まれていたのだった。

犯人は現場に何も残しておらず指紋はきれいに拭き取られ台所には血を洗い流した跡があった。
また、遺体には性的暴行を受けた跡や激しく抵抗した跡はなかった。
警察はいくら捜査してみても何を目的とした犯罪であるのか解らなかった。

ちなみに、この事件のとき、数千円の現金が盗まれているが、それ以外の金目のものには手付かずであることから空き巣狙いという線は薄いと見られていた。

その日、靖男や美保子の交友関係を調べたほか、マンション近くを通りかかった通行人435人を確認、一人ひとりを丹念に捜査したがいずれも該当する容疑者はいなかった。

靖男自身も疑われたが帰宅直前まで会社にいたという完全なアリバイがあるので疑惑は晴れている。

殺害の推定時刻は人の往来も頻繁な午後4時前後とされた。
マンションの周りをウロウロしている30歳ぐらいの小柄な男が3人の主婦によって目撃されており、警察はこの人物を捜したがまったく足取りは掴めなかった。
結局、犯人像を「死体破壊を好む性的倒錯者」とし近隣の各駅辺りには『身の周りに妊婦に異常な興味を持つ人がいたらお知らせ下さい』という立て看板が一斉に設置された。
その後の懸命の捜査にもかかわらず、現在まで犯人の逮捕には至っていない。

『犯罪地獄変』(水声社/犯罪地獄変編集部編/1999)という本があり、この事件のことを取り上げているのだが、この本によると事件のあった前日の3月17日、テレビの深夜番組で歌川国嘉と芳年の残酷浮世絵「無残絵英名二十八句」を紹介したという。
芳年の浮世絵には「縛り上げた妊婦を切り裂き、赤ん坊を取り出す」というモチーフがあるらしい。

犯人がこの番組を見て犯行に及んだと考えるのはいささか短絡的ではあるのだが、まったく関連性がないかと言われると否定はできない。

また、子宮の中に押し込められていた「電話機」と「ミッキーマウスのキーホルダー」からその意味するところを「ねずみ講」と推測し、その関連からの恨みによる犯行ではないかと指摘する人もいるのだが、真相は闇の中である。

引用・参考文献

『報道できない超異常殺人の真実』(竹書房文庫/犯罪心理追跡班編/1997)
『犯罪地獄変』(水声社/犯罪地獄変編集部編/1999)
『猟奇殺人のカタログ50』(ジャパン・ミックス/CIDOプロ編/1995)
『週刊文春』(2001年8月16・23日夏の特大号)

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!