リアル貞子の話

7~8年前の渋谷で出会ったリアル貞子の話。

友人2人と俺の3人で飲んだ後、終電もとっくに行っちゃった深夜1時とかそんな時間。
渋谷駅前のスクランブル交差点に向かって歩いてたんだけど、人気も車も少ない交差点に向かって、何か黒い物体が転がってるのが見えたんだ。
徐々に近づいていくと、それが髪の毛の塊だとわかった。

正確にはやたら髪の長い女の子が、ちょうと陸上のクラウチングポーズ?みたいな格好してた。
俺たち3人は何だか状況がつかめなくて3メートルくらいの距離から見てたら、4~5人くらい通行人が立ち止まって「なにあれ?」「なにしてんの?」と不思議そうにしてた。

そうしているとおっさん2人が駆け寄ってきて、「なんでもありませんから」とか言いながら女の子を立ち上がらせた。

その瞬間、ギクっとした。
というのも、その女の子は小学校高学年くらいで身長120cmくらいかな?
服装がムシロみたいな汚い麻のワンピースで、髪の毛がスネくらいまでやたら長いストレートで。
顔は口とあごがなんとか見えるくらいだけど、明らかに無表情。

男に連れられて俺の目の前を通過したんだけど、不気味で顔をみられない。
貞子を連想してしまっていたせいで、目を見たら一生忘れられそうもない気がしたから。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!