男性を殺害し川に遺棄

数年前にどこかの林の中の小さい川みたいな所で、知らない中年男女に手を貸すよう頼まれる夢を見た。

落し物を探してるのかと近づくと、別の男性の遺体を流そうとしていて、水量が少ないために遺体の半分くらいしか水に浸かっておらず、段差に引っかかって流れそうにない。
男女は諦めたように去り、私は目の前の光景と事態への恐怖とその場に来たことへの後悔でパニクって、そこにあった砂遊び用のバケツに水を汲んでは流し続けた。

パトカーのサイレンが聞こえてきて、「そうだ!通報しなきゃ!」と気づいたところで目覚めた。

ここからは現実話。

後味悪さを払拭したくて、旦那に地形や私の立ち位置と登場人物の風貌も覚えてる限り細かく話した。
あり得ない夢だよねって笑い話になって少しは気が紛れたけど、犯罪を隠してるような変な罪悪感は残った。

1ヶ月くらい後に、男女2人組が別の男性を殺害し川に遺棄したというニュースを見た。
現場映像のアングルが夢の私の目線と同じで景色もそっくり。
川も狭く浅く、被害者の体がほとんど水面に出た状態で発見されたという報道で、遺体があったすぐそばに段差があった。

容疑者の女の家を映した映像では玄関脇にある子供の玩具がアップされて、砂遊びのバケツもあった。
川に流そうとしたけど流れず諦めたという自供もあったはず。
容疑者2人と被害者の風貌も年齢層も夢と同じ。

旦那もすぐに「この前の夢と似てない?」と驚いて、報道からの情報と夢話との類似点が増えるたびにドン引きしていった。

偶然にしても気持ち悪くて印象的だったので、その後も何度か夫婦の話題に出たほど。

ちなみに行ったことない遠方の土地での事件だった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!