川に入るのが怖い理由

去年の連休前の事だけど。
新規のポイント探していたときに、護岸工事もされていない自然のままの良さそうな川を発見。
水深も30cm程度で小さな中州や水草も生い茂っていい感じ。
さっそく川に入って小さな中州やアシの周辺でガサ(※水草の根元を網でガサガサして魚を捕る事)ってたとき、網に何か入った。

「なんだろう?」と思って上げて見たら、篭に入った小さな人形(流し雛?)が・・・・・・。
そして人形の胸には五寸釘。
周囲に誰も居なかったからよかったけど、「うぎゃーーーーッ」って叫び声上げて、マジで腰が抜けてしばらく立ち上げれなかった。

当然ずぶ濡れwww
以来、その川には行ってないけどマジで怖かった。

悲鳴は敢えて判りやすく「うぎゃー」ってしたけど、実際は声にならない悲鳴を上げて、人形の入った網を放り投げて、腰が抜けてるのに少しでも人形から遠ざかろうと川の中でもがいてたよwww
なんとか岸に這い上がってガクガク笑う膝を叩きながら車まで走って逃げ帰った。
もちろん、ガサの道具はそのまま置き去りwww

被害総額、ガサ道具一式と車のシートの洗浄代。

今は普通に川に入れるようになったけど、しばらくは川に入るのが怖くて岸からキラーだけ仕掛けてたよwww

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!