霊より直感でヤバイと思った

サイクリングにハマってた時期があったんだが、10年くらい前のある晴れた夏の日のこと。

午前10時頃に家を出発して、片道4時間くらいかけてある見知らぬ町にたどり着いたんだが、その町がもの凄く静かだった。
山を背にした緑豊かなところで、山の方から「カーン、カーン」と金属に金属を打ち付けるような音が聞こえていた。
不気味だったのは、その金属音以外の音が全く無かったこと。

民家は多くあったが、人の声も生活音も一切聞こえない。
動物や虫の鳴き声も無い。真夏の晴れた昼間なのに、蝉の鳴き声すら聞こえてこない。
そもそも自分以外、動いているものが全くない。
人も車も、犬や鳥、虫一匹見当たらない。

風も吹いておらず、木も草も動かない。

それでいて、何故か民家からは人のいる気配だけは感じていた。
薄気味悪さを覚えるようになってきたところで、山の方から聞こえていた金属音が、段々こちらに近付いてくるように感じられた。

直感的に「まずい」と思い、急いでその町から出た。
たったこれだけで、実際には何も無かったんだが、自分の人生の中で一番奇妙な経験だった。

過去には霊らしきものを見たこともあるが、それ以上の気持ち悪さを感じた。
その後もサイクリングで様々な見知らぬ土地を訪れたが、このような経験はしていない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!