結末が怖くて聞けない

ある正月の日、なぜか無性に餅を食べたくなった。

俺はまだ切られていない餅を取り出した。
そして包丁で餅を切る作業に入った。

しかしその餅は意外と硬く中々切れない。
寧ろ餅が刃を押し返しているような感触にとらわれた。
まるで餅に意思がやどり、切らないでくれ、と言わんばかりに。
俺に呟きかけるように抵抗をしているように感じた。

その時、俺は餅を直視することができなかった。
俺は力任せに包丁を押し込んだが、餅は切れない。
段々と不気味な感覚になってきた。

少し冷静になるべく、一呼吸おいた。
そして右手でしっかりと包丁を持ち直し、左手で包丁を押し込む姿勢に入り、気合を入れて餅を直視した。

包丁の向きが逆になっていた・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!