非情な婆さん

私のおばあちゃんはいろいろやらかす人でして、我が道を進んでいる。

おばあちゃんは子供の頃からよく幽霊を見たらしく、私が小さい頃からよく幽霊の話を聞かせてきた。
例えば近所の寝たきりのおばあさんと道ですれ違って、アレ?と思っていたら、そのおばあさんがその時間に亡くなっていたという話。
またある時は小学校にあった、出ることで有名なトイレを使ったら案の定出くわして、ようようそのトイレが使用禁止になった話などを聞かされた。

おばあちゃんの話の中で一番記憶に残っているのが、おばあちゃんの友達の話。
まぁありがち感もあるんだけども・・・(笑)

おばあちゃん(以下K子)は所謂大きな農家のお嬢様で、もちろんお金持ちだし、戦時中に食べ物に困ったことがないという、
日本史で習う戦時中の苦しい暮らしの真逆を地で行く人だ。

そんな暮らしなもので、習い事もお花や、踊り、唄などちょっとお高いやつで、子供の頃から一緒に習い事をしていたR子さんというお友達がいたらしい。
R子さんは唄、K子は踊りが得意で、よく2人で部落(これはK子自身の言い方)の宴会で大人たちに披露していたそうな。

K子の話しぶりから、恐らく女学校の頃か、それよりも後か、R子さんが入院したらしい。
その頃K子の家には戦争で死んだ人が帰ってきたり、なかなか幽霊が煩かった(本人談)らしく、その夜も木造の廊下で無人なのに足音が聞こえたりしていて、K子も「またかぁ」程度に思っていた。

しかし、その足音はだんだん大きく近くなり、ついにはK子の部屋の中に入ってきた。
ミシ、ミシと、K子が寝ている蚊帳の回りをグルグルと歩き回る音が聞こえたが、姿が見えない。
すると急に「K子ちゃん、K子ちゃん・・・」と呼ばれた。

その声に聞き覚えがあるK子は、はっとして「R子ちゃんか?」と聞くと、「うん・・・K子ちゃん、私唄うから、K子ちゃん踊ってね」と返ってきた。

K子が、えなんで?と思っていると、R子さんの唄が聞こえてきたそうだ。
その時K子は眠くて「あぁ、ついにR子ちゃんポックリ逝ったか・・・」程度にしか思わなかったようで・・・なんともドライな我が婆である。

翌日、病院から電話があり、K子が出てみると、なんとR子さんの声が聞こえたそうだ。
『K子ちゃん、久しぶり!昨夜K子ちゃんのお家で、私が唄ってK子ちゃんが踊る夢を見たのよ!楽しくて、なんだか懐かしくなっちゃって電話しちゃった!』

そんなR子さんに対し、K子は心のなかで「なんだ、生きてたのか」と思ったそうな。

なんともドライな我が婆である。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!