不思議な声の主

友人から聞いた話。

幼かった頃、冬になると、祖母が時々こんな事を言った。

祖母:「ああ、“ほっほさん”が来たよ」

そして次の朝、夜明けの光がまだ差して来ないうちに、祖母に起こされる。
眠い目をこすりながら庭へ出ると、一面に霜が降りて真っ白な中、池に架かった橋の上に小さな小判形の跡が五つ六つ付いている。
祖母が言った翌朝には必ずあるが、何にも言わない日には何もない。

やがて祖母が亡くなり、“ほっほさん”の事も忘れてしまっていたのだが、ある晩、受験勉強をしていると、不思議な声が側を通り過ぎて行った

・・・ほっほっほっほっほっ・・・

まるで、石から石へ飛び移っている少年のような声。

思いついて、目覚しをうんと早い時間に合わせ、すぐ寝床に入った。
翌朝、薄暗がりの中、庭の池を見に行くと、橋の上には例の跡が残っている。

母親にはとんとわからない事らしい。

「今度は、私が“ほっほサン”を孫に伝える事になるのかしらね」

友人はそう言って首を傾げていた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!