小さい頃、殺意を抱いた

父が友人の家に遊びに行くと言うので私は一緒に付いて行きました。

当時、私は小学二年生でした。
父の友人と言うのはお寺の住職さん。
父達が話している間、退屈になった私は人気のないお寺の本堂に入り込みました。

天井から綺麗なきらきらした傘のような飾りが吊るしてあって、私はその飾りを見ていたのですが、いつの間にか眠り込んでいたらしいのです。
夢うつつに何かに引っ張られるのを感じましたが、眠気に負けて、そのまま眠っていました。

私は父の笑い声で起きました。
私がいなくなったので皆と一緒に探していたら、本堂で寝ていたのであきれたそうです。

起きて、私は眠り込んだ時とは違う所にいる事に気がつき、本堂の端の方にいました。

「綺麗な飾りの下にいた」と言いましたら、父と一緒に笑っていた住職さんが、急に真剣な顔になって言いました。

「あの飾りの下はね、お坊さんの場所なんだから、もう入り込んだら駄目だよ。知らずにいたら、仏さんがやってきて、連れていかれるからね」

寝起きで機嫌が悪かった私は住職さんのその言葉に無性に腹が立って、死ねばいいのに!って思ってしまいました。

そんな自分が怖かったです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!