胴体に穴を開けて貫通

無痛人間。

本名をアーノルド・ヘンスケンズと言うオランダ人男性は、ミリン・ダヨという名前で、主にスイスとオランダを舞台に、1945年から1947年にかけて体に剣や槍を突き刺したり、あるときは鉄のパイプを胴体に突き刺し貫通させて、そこに水をと落とすいったパフォーマンスを時には懐疑的な医師の前で行っていた。

彼は自らのことを「預言者である」として、彼のショーの第二部は人類の調和を唱える説教となるのが常だったという。

彼の芸名であるミリン・ダヨは、彼がその思想に共感していたエスペラント語で
「素晴らしい」を意味している。

彼の死は、精霊からの指示で鉄の釘を食べて二日後、それを立ち会った医師に取り除いて貰うというパフォーマンス際に事件は起こった。

医師はダヨの指示に反して麻酔をダヨに投与したのだ。
それからダヨはベッドに伏しほとんど動かなくなり、約二週間後、ダヨは大動脈の破裂で死亡したとされる。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!