新聞屋の不可思議な行動

小学生の頃風邪を引いて学校を休んだのね。
両親は仕事にいった。

まだ朝だったか薬を飲んで2階の自室のベッドでずっと横になっていたんだけど、誰かがやって来た音がして、家のドアをノックしたんだ。

「新聞屋で~す。◯×新聞で~す。△◯さ~ん!」

当然応答はしなかった。
3回ほど繰り返して新聞屋はあきらめて帰っていった様子。
それからしばらく寝ていたんだけど、また誰かが来た音でふと目が覚めた。

ちょうど昼間。
時計で確認した。

「◯□新聞で~す。」

そう聞こえたが、さっきのように大きい声でなく小さめに、ノックもしなかった。

なんだろう?と思っていると、新聞屋が会話をし始めた。
複数人いるっぽく、少なくとも2人の声が聞こえてて小声で話をしている。

会話を始めたと思いきや、いきなり家の敷地に入り始めたんだわ。

ちなみに私の家は、家を囲うようにフェンスがあり、一周砂利で覆っていて、防犯と雑草対策がしてあるんだけど、家の敷地に入ると当然砂利の音がするんだ。
だから敷地に入ったとわかったんだけど・・・。

新聞屋が1人、家の裏手の方まで歩いていったような音がして、さすがにちょっと恐くなった。
それからさらに恐かったのが、そのまま一切音がしなくなったこと。

引き返すならまた砂利の音がするし、フェンスを越えたような音もしない。

家に入ってきた様な音もしない。
2階からは目視出来ないのでよくわからなかった。
確認できたのは新聞屋の車はなかったことだけ。

すぐに出ていくのかなと思っていただけに、パニックになりそうだったよ。

風邪で寝込んだせいで、夢と現実の区別がついてないだけでもともと誰も来ていないのかなとか思ったりしながらも、じっと耳は澄ましてた。

とにかく怖かったけど気になって、恐る恐る1階に降りて確認したけど何もなかった。
幻だったっぽい。
その後は1階でテレビ付けて寝てた。

それから数日後、隣の家に空き巣が入って警察が来てたって聞いた。
当時はバカだったのでウチじゃなくて良かったぐらいにしか思わなかったけど。

って言うか新聞屋さん、インターホンを押しておくれ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!