離岸流を舐めてかかるな

学生時代の夏休みの話。

気づいたら横に流れる強烈な離岸流(りがんりゅう)。
ていうか、マジ激流。
でも「リップじゃないし、沖には流されないな・・・」とナメてたら、流れの先にはお約束のムキ出し岩場・・・。
フルパドルで逃げようとしてもドンドン吸い寄せられて、ついに岩場にドーン!

水の力ってスゴイね。
あいつら容赦ない。

体をしたたか叩きつけられること数回。
海パンだったから、全身キズだらけ。

買って2週間のボードもどっか吹っ飛んじゃってたが、頭の中では生きて帰る事だけを最優先事項に切り替える。

ここから先は、今思い出しても心臓が縮み上がるんだけど、そのうち、岩と岩の間に頭がスポッてハマったのよ。
しかも海中!

「うんしょーーっ」って外そうとしても外れない。
本気で「親父、オフクロ、先に死んで申し訳ない」って思った。

もう、海中で本気泣き。

半分諦めかけてたら、スポ~ンって頭が勝手に抜けたんだよね。
さっきはあれだけ引っこ抜こうとしても抜けなかったのに・・・。

波ってのは押したら引くものだから、引く力も強かったわけ。
あとは、岩場に思いっきりツメ立てて必死でよじ登ってなんとか脱出。

浜に戻ったら、寝てた友達ビクーリ。

「今日、8月15日だから呼ばれたんじゃないの?」の一言。
もう、その後は砂浜でショボーン。

しばらく海見てたら、今度は目の前を、血だらけの小学生がグッタリして親に抱えられて歩いてる。
もうそれ見て、速攻帰ったよ。

家に帰ったら、ばあちゃんが庭のアロエを切って全身に張り付けてくれた。

ダメな時は何をやってもダメ。
ダメになる前に手を打っておかないと、人は簡単に死ねるんだってわかった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!