これが本当のサイコパス

俺がまだ、9歳かそれくらいの頃。
学級にガネってあだ名のやつがいてね。
そいつはかなり変わってて、今ならアスペルガーなどの病名がつきそう。
言ってることはおかしいし、すぐキレるし、まあ友達は誰もいなくて、いつも一人で遊んでた。

ある日ガネが、お寺の沼(そこは窪地になってて親には近づくなって言われてた。当時は広いように感じたが、今からすれば直径30mくらい)の岸で何かやってた。
俺はたまたま土手の上を通りかかったら、そいつが俺に気付いて、「おい」といって何か大きなものを投げつけてきた。

石だと思って咄嗟によけたが、足下に落ちたそれは石ではなく、その沼にすむ亀だった。

しかも手と首がもがれたらしく、甲羅の穴から土手の草むらに血がこぼれた。
しばらくそれに目線が釘付けになったが、ふとガネのほうを見ると、口元がくちゃくちゃと動いていた。

幽霊話でなくてすまんが、生まれてから俺が最もぞっとした体験。

俺がガネと同じクラスになったのは小3からで、そのときすでにガネって呼ばれてた。

家がクズガネ屋(廃鉄回収業)をやってたからだと思う。
ガネは小3になっても教室内で排泄することなどしょっちゅうで、よく担任の女の先生を泣かしてた。

ガネは、ほとんど誰とも話さなかったが、席替えで俺が近くになったときこんな話を聞いた。

「俺んちの母ちゃん、父ちゃんに出す料理に、毎日細かく切った髪の毛を混ぜてるんだぜ。早く死ねばいいんだって。」

もちろんここに書いたような脈略のある言葉ではなかったので、俺の勘違いかもしれない。

ガネは、その後5年生の初め頃、施設に行った。
それからどうなったかは知らない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!