報告してはいけないUFO

航空自衛官の最高位である元空将の佐藤氏はこう断言した。
「やはり、日本の上空にUFOはウヨウヨいます」

佐藤氏:
まず、「UFO」とは宇宙人の乗り物だけを表す言葉ではありません。
「Unidentified Flying Object(未確認飛行物体)」の文字どおり、「正体を確認できない飛行物体」すべてを指す。

日本の領空を守る任務を負っていた私は、安全保障の問題としてこのような正体不明機について国がまじめに情報収集し、分析すべきだと主張し続けているのです。

現場のパイロットがUFOを目撃しても、書いた報告書が握り潰されたり、意見すれば「精神的におかしくなった」と言われ、昇進できなくなる。
そんな現実に真っ向からNOと言ってきました。

むしろ、パイロットにはUFOの報告義務を課すべきです。

2011年3月に東京電力福島第一原発事故が起きましたが、直後に原発周辺でUFOに関する多くの目撃情報が上がりました。

Q.事故直後は米軍の高々度無人偵察機が、原発付近を中心に被災地を低空飛行していましたよね。
その目撃情報ではないでしょうか?

佐藤氏:
ええ、多くはそうでしょう。
しかし、すべての目撃情報がそうとは言い切れません。

私がなぜ原発とUFOを結びつけるのかといえば、実は同じようなことが過去にも起きているからです。

1986年に発生した旧ソ連(現ウクライナ)のチェルノブイリ原発事故では、直後に未確認飛行物体が現れ、損傷が激しかった第4原子炉に光線を放つ姿が、現場の技術者に目撃されたという報告があります。
さらに遡(さかのぼ)ると、アメリカでは原子爆弾開発計画の中心だったニューメキシコ州のロスアラモス国立研究所や、核ミサイル基地などでUFOの目撃報告がある。

中国でも近年、核物質が貯蔵されていることが明らかになっている陝西(せんせい)省の「基地二二」周辺でUFOが目撃されています。

そして、私が空自のパイロットからUFOの情報を集めたところ、特に目撃証言が集中したのは宮城県の松島基地周辺。
同基地から約25km東には、東北電力女川(おながわ)原発があります。

UFOに搭乗している、もしくは遠隔操作している知的生命体が核・原発に多大な関心を持っていることを示唆していると考えていいのではないでしょうか。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!