路上での犯行なのに未解決

京都市の路上で、男子大学生が若い男に刃物でさされて殺害された事件から8年となる15日夜、遺族や友人などが京都市内で情報の提供を呼びかけました。

平成19年1月15日の夜、京都市左京区の路上で、京都精華大学マンガ学部の1年生千葉さん(当時20)が、若い男に胸などをさされて殺害されました。

これまで警察には、800件あまりの情報が寄せられたということですが、犯人検挙につながるような有力なてがかりは得られていません。

事件から8年となる15日夜、京都市左京区の叡山電鉄出町柳駅では、母親の淳子さんや大学の同級生らが事件の状況がかかれたチラシの入ったティッシュや、マンガの冊子を配って情報提供を呼びかけました。

母親の淳子さんは、「少しでも多くの情報をいただけるようお願いします。犯人にはかけがえのない命を奪った罪の意識を感じて自首してほしいです」と話していました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!