自殺現場は遺族が掃除

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

海外のテレビであった、とある清掃業者の密着取材。

その清掃業者は通常の業者と違って、『警察の現場検証終了後の部屋の清掃』を専門に行っていた。
今はどうなのか不明だが、あの手の清掃って警察が行わずに遺族とかが行わなければならない。
遺族側からしたら、家族が死んだ血まみれの部屋を清掃するのは精神的苦痛がすごいから、業者に頼む人が多いらしい。

警察の現場検証が入るからには、その死因のほとんどは自殺・殺人・不審死のオンパレード。
「娘が銃で自殺した風呂場を清掃する」っていうのもあった。

その時は、銃で壊れた壁のタイルを修理するのは清掃の範疇外だから、タイルの張り替えはタイル業者に頼んで直してくださいと遺族に説明していた。

ある時、「自室のベッド上で病死した初老の女性の部屋を清掃する」という依頼が舞い込んできた。
警察の見立てによれば、その人は肝臓か腎臓に病を患っており、薬を摂取しなかった為に病死したという。
死後数日たった部屋の清掃を始めてみたら、劣悪な環境に置かれていた事が分かった。

娘や息子たちといった家族は一緒の家に暮らしていたにも関わらず、親であるその女性を完全放置。
ほとんど寝たきりだった女性はロクに食事もとれず、排泄物も掃除されず、飲んでいた薬がなくなったのに病院にも連れて行ってもらえなかったようだ。

清掃業者の従業員の一人がやや厚めのマットレスを運ぶと、数日経過していたにも関わらず、マットレスが吸い取っていた女性の汗が溢れ滴り落ちていた事から、この初老の女性が死の間際まで恐ろしく苦しんでいた事がうかがえた。

清掃途中、腹を立てている従業員にカメラマンが近づくと、その従業員は怒りの言葉を述べる。

清掃業者:「なんて家族だ!親が死んだすぐ隣の部屋にいるのに、親が死んだことを悲しんでない。それどころか今、遺産相続の事で揉めてやがる!」

畜生にも劣る人とはこの遺族のような人を指すのかと、あの時視聴してて絶句した

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!