真犯人は地獄行き決定

刑務所に、一人の男が収容された。

彼は刑務所の仲間に、自分が事件に巻き込まれた経緯を打ち明けたことがある。
彼の語った話が真実であれば、彼の刑務所送りは不当なものだ。

彼は、数日前から家の中で、金品が紛失していることに不審を抱いていた。
しかし、部屋の中が荒らされた形跡もないので、それほど気にしなかったのだ。

ある日、彼が帰宅すると、誰も居ないはずの部屋に誰かの気配がする。
彼が部屋の明かりを付けると、見知らぬ男が突然に彼を殴りつけた。

次の瞬間、倒れ込んだ彼の足に、激痛が走る。
男が彼の足に、包丁を突き刺したのだ。

彼は、痛みと恐ろしさのあまり、目の前にあったベッドの下に潜り込んだ。
その時、運悪く彼と交際していた恋人が、部屋に入って来た。

男は何と、彼女の腹部を刺し、そのまま逃げ出したのだ。

堪らず彼は、「大丈夫か!」と、彼女に呼び掛けてみた。
彼女は、荒い息を吐きながら、返事をする。
彼女は、まだ生きていたのだ。

彼は、彼女をベッドに運び、救急車を呼ぼうと考えた。
しかし、足に傷を負った彼は、彼女を抱きかかえた時、倒れ込んでしまう。

その時に、彼女は頭を強く打ったため、病院に運ばれたものの、数時間後に亡くなってしまったそうだ。
彼はその後、精神に異常をきたし、「俺が彼女を、殺してしまった」と泣きながら叫び続けていたため、彼女を殺した犯人として警察に逮捕された。

彼の話を聞いた刑務所の男は、現在、まっとうな仕事をしながら普通に暮らしている。
そして、飲み屋に行く度に、この話をみんなに聞かせるのだ。

「あいつは、本当に可哀想な奴だ」
「刑務所で、自殺してしまった・・・」
「この話を知った奴は、あいつと、あいつの彼女の幽霊が現れるかもしれない」
「でも、本当に怖いのは、あいつらの幽霊なんかじゃない」
「本当の真犯人が、捕まっていないことなんだ」

そう呟き、いつも飲み潰れるのであった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!