世界一美味しい「おじや」

小学校の時に友達から聞いた話です。

あるところに老夫婦が住んでいました。
おじいさんは酒癖が悪く、家からお金を持ち出しでは酒を買い、毎晩酔っ払ってはお婆さんに暴力をふるうのでした。

お金が少しもなくなると、今度は着物や家財道具などを持ち出し金にかえて酒を買いました。

お婆さんはぼろぼろになりながらも、毎朝おじいさんに美味しい「おじや」を作ってあげました。

おじいさんは酔いが覚めると、そんなお婆さんの心遣いに心を打たれ、もう酒は止めよう・・・と思うのですが、日が落ちる頃になると、どうしても我慢ができなくなるのでした。

その日の夜もすっかり酔っ払って家に戻ると、土間におばあさんが正座して、おじいさんを恨めしそうに見上げました。

「もう家には何もなくなってしもうた・・・」

いつもは大人しいおばあさんのそんな言葉におじいさんは大変腹を立てました。
そして、おばあさんをに殴る蹴るの暴力を振るいました。

ひと通り殴り終えると、ようやく腹の虫が収まり、酔い潰れたおじいさんはそのまま眠ってしまいました。

翌朝目覚めると、土間でおばあさんが血を流して死んでいました。
おじいさんは後悔したけれど、もうどうにもなりませんでした。

「わしは何というばかなことをしてしもうたんじゃ・・・」

ふと見ると、おばあさんがいつもおじやを作っていた鍋の中に何か入っているようでした。

おじいさんが見ると、それは、おじいさんのゲロでした。

そういえば・・・、毎朝食べていたおじやにはほんのりと酒の香りがしていたような・・・。
まさか・・・。

おじいさんが鍋を温めると、それはまさに毎朝食べていたおばあさんのおじやの味になりました。

そうだったのか・・・。
おじいさんはすべてを理解し、泣きながらおじやをたいらげました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!