日常の不幸が合体・・・

男は焦っていた、時間がない。

「なんで起してくれなかったんだよ~」とぼやきながら走った。
ひとの流れを縫うように・・・。

男は幸せだった。
可愛い息子はまだ2つ、女房はいまだ恋人気分。
久しぶりの休み、今日はお出かけ。

ベビーカーから子供を下ろし歩道橋を上がる。
息子は車が大好きだ、肩車で高い高いがお気に入り。

「気を付けてよ!」

「ほ~ら高いだろ」

男はイライラしていた。
今日はやけに信号につかまる。
煙草を何本すっただろうか、早くこの荷物を降ろして次ぎへ・・。

「チェ、また赤かよ~」

男は歩道橋を駆け上がった、駅はすぐそこ。

足がもつれた。

男は肩車をしながら一瞬気配を感じて振り向いた。
走る男はバランスを保てなかった。
肩が男の腹に当たった。

その瞬間、肩車の男もバランスを失しない手が緩んだ。

悲鳴が上がった。

子供は歩道橋を越えて重力のなるがままにその高さから落下した。

信号待から勢いよく飛び出した車の男は一瞬なにかを見た。

間に合わなかった。
急ブレーキとともに悲鳴が錯綜した。

車の男は目の前が全て真っ暗になった。
免許がなかった。

そして同時に3つの家族が崩壊した。

普通の生活にありえるふつうの話。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!