やっぱり死ぬ時は痛みを感じたくない

高校は結構な進学校だったが、2年に1人は飛び降り自殺が出る学校だった。
かなり以前からその高校に勤務している爺ちゃんの先生によれば、「イジメとかじゃなくて、『生きてる意味が分からなくなった』って死ぬ奴が多い」と。

他の先生たちも、入学早々授業で、「B棟の3階の突き当たり、ロッカーが置いてあるだろ。あれは絶対に動かすな。外から見れば分かるけど、あのロッカーの裏には扉があって、外側の階段で屋上にいける。だけど自殺者が多いから10年前に封鎖した。絶対にどけるな」と脅すような学校だった。

ところが今度は、自殺者はA棟の屋上(こちらは屋内の階段から普通に行ける)に。
自分の在学中も、1こ下の男子がA棟の屋上から自殺した。

彼は放課後から夜中まで学校に忍び込み、誰もいなくなったところで屋上から飛び降りたらしく、翌朝、保健室前の花壇で見つかった。

先述の爺ちゃんの先生が授業中に、「みんなそっちで死ぬんだよなぁ」って呟くので尋ねたら、「屋上からはアスファルト舗装の駐車場にも、花壇とかがある保健室側にもどっちにも飛び降りできるのに、みんなアスファルト側には落ちない。やっぱり、死にたくないとか痛くないほうがいいって思うのかな」と。

当時は「そんなもんか」と聞き流してたが、自殺が恒常化してて平然と話しちゃう教師陣が今考えると怖い。

卒業後、A棟の屋上も鍵が付けられていけなくなったらしいが、今度は学校のお向かいの市営住宅(結構立派で7階くらいあったかな?)からの飛び降りが継続していると、同窓会では聞いた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!