部落の血筋だと昨日知った

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

俺は忌み子だった。

俺は母と部落の人との間にできた私生児で、母が若くして亡くなり、母の妹夫婦にひきとられた。

ということを昨日知った。
もっと早くに教えてくれよ・・・。

ガキの頃、自分では家族に嫌われる理由が判らなかったので、散々莫迦なことをしてしまったよ。

小学校に上がって、兄が母に母の日のカーネーションを贈るのを見た。
母はたいそう喜んでいた。
それを見て「そうか、贈り物が必要なんだ」と悟った自分。
図工の時間に『おとうさん』というお題で絵を描いた。
思いの他上手く描けて、裏に作文を書いて校内放送で発表したりした。

父の日にそれを義父の枕元に置いた。

次の日反応をうかがったが話題にものぼらず、どうなっているんだろうと部屋を覗いたら、絵は捨てられていた。
間違って捨てちゃったのかな、夜は暗いし、なんて思いながら絵を枕元に戻し、学校に行った。

学校から帰ってきてまた確認してみると、絵は破かれて捨てられていた。
半泣きになって絵を拾った。
その晩、部屋への出入禁止が言い渡された。

次の年の母の日。
図工の時間にカーネーションを作った。

俺は前年の母の、兄への笑顔を思い出して、それだけでとろけそうになり、一目散に家へ帰った。

花を差し出すと、義母は「そうまでして機嫌とりたいの?しかもそれ偽物でしょうが」と言った。

想像もしなかった反応に、どうすればいいのかわからず「ごめんなさい」と謝って逃げた。

逃げた先の神社で俺は泣いたよ。
人の心を物で釣ろうとした自分のあさましさ、それを見透かされた恥ずかしさで。

その後せめて本物をと思って山に行ったけど、カーネーションなんてどこにも無くて、近所のスーパーで万引しようとして、そこのおばちゃんに見つかって学校に通報されたというオチ。

自分語りすまそ。
これで最後にする。

高校は特待生で奨学金とって寮に入った。
もう家には帰らないつもりでいたのだけど、じいちゃんが亡くなったので、帰った。

そしたら「お前がいるとみんなが嫌な思いをする、じいちゃんが成仏できない」とのことで、参列できなかった。
けどそのままだとあんまりだと思ったので、初七日過ぎてから線香あげに行った。

その夜、義母から電話があり、出てみると『お金が無くなった、あんた取っていったでしょう?』とのこと。

そんなの知らないと言ってみたものの、『あんたは昔から手癖悪いからねえ』と言われガチャン。

あまりにせつなすぎて死にたくなったよ。
本当に。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!